法人化にはデメリットもある

会社をやめてフリーの立場になった時に悩むことのひとつに、法人化するかどうかの問題がある。確かに、会社という形にした方が有利な点はいくつかあるだろう。
まず、個人事業主のままでいるより、法人を名乗った方が取引先の信頼度は高くなる。仕事を自分で探さなくてはならないフリーの人間にとっては、無視の出来ないメリットだろう。さらに、年間利益が1000万円以上ある場合は、所得税より法人税の方が税金が安いのだ。その上、自分が社長になれば給与所得控除を適用でき、退職金も会社の損金にできる。まさに、いたれりつくせりといった感じだが、その裏にはデメリットもあることは忘れてはいけない。

法人化するとそれだけで金がかかってしまう。合同会社で10万円から15万円ほどだが、お金に余裕がない場合は痛い出費だろう。税金の方も年収が少ない場合は、法人化してしまうと逆に税金が増えてしまうことになる。
おまけに、赤字でも均等割負担として一定の税金は払わなくてはならないのだ。

そして何より問題は、会社という形態をとっている以上、毎年決算をしなければならないということである。複式簿記が必須となることもあり、事務上の手間がとんでもなく増えてしまう。
人を雇う余裕がない場合、これはかなりの負担となり、会計作業に追われて仕事ができなかったなどという本末転倒なことにもなりかねない。
つまり、収入が少ない内は法人になってもデメリットの方が多いと言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です